カリキュラム Curriculum 文学研究科MC ナンバリング Numbering
専攻 Major 日本文化学 担当教員 Instructor 齋藤 文俊(SAITO, Fumitoshi)
開講期 Semester 秋学期(Fall semester) 開講時間帯 Day & time 木(Thu):2限
授業コード Code 番号 Number 212
科目種別/学科目 Course title 基層文化論Ⅱ
<Foundation on Culture Ⅱ>
講義題目 Title 『通俗伊蘇普物語』を読む
転用科目
コード(学部のみ)
Substitue for 単位 Credit 2
コースツリー/種別 Subject type 演習 受講年次 Grade
他学部
※空欄の場合は「不可」
となります。
  履修取り下げ制度 Course withdrawal 利用しない

※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
備考 Others
  • カリキュラム
    Curriculum
    文学研究科MC
    ナンバリング
    Numbering
  • 専攻
    Major
    日本文化学
    担当教員
    Instructor
    齋藤 文俊(SAITO, Fumitoshi)
  • 開講期
    Semester
    秋学期(Fall semester)
    開講時間帯
    Day & time
    木(Thu):2限
  • 授業コード
    Code
    番号
    Number
    212
  • 科目種別/学科目
    Course title
    基層文化論Ⅱ
    <Foundation on Culture Ⅱ>
    講義題目
    Title
    『通俗伊蘇普物語』を読む
  • 転用科目コード(学部のみ)
    Substitue for
    単位
    Credit
    2
  • コースツリー/種別
    Subject type
    演習
    受講年次
    Grade
  • 他学部※空欄の場合は「不可」となります。
     
    履修取り下げ制度
    Course withdrawal
    利用しない

    ※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
  • 備考
    Others
履修条件・注意事項
Requirements for registration
前期・後期の連続受講が望ましい。
授業の目的
Course purpose
『イソップ物語』は、日本で最初の本格的西洋小説の翻訳であり、現在にいたるまで何度も翻訳されています。「アリとキリギリス」「北風と太陽」などは有名ですね。その他、「ウサギとカメ」の話も『イソップ物語』に登場します。
そこで、この『イソップ物語』を精読していくことで、「翻訳」という行為によって、日本語の表現がどのように変容したのかについて考えていきたいと思います。

In this course, through reading the following text, participants are expected to understand
1) the history of translation in Japan.
2) the features of Japanese Language and Culture.
授業の内容・方法
Content
テキストは、明治初期の文明開化の時代に翻訳された『通俗伊蘇普物語』を使います。
(今年度は、巻之三を中心に読んでいきます)


1.まず、それぞれ担当する話を決めます。

2.受講者は、担当した話について、テキストをしっかり読んでください。
〇明治時代の言葉ですので、「古文」ほどは難しくないのですが、耳慣れない言葉もあります。
〇自分の知らない語句・気になる表現は『国語辞典』『漢和辞典』等さまざまな辞書や文献で調べてみてください。

3.原典や様々なイソップ物語のテキストと比較してみてください。また、興味があったら、他国語で翻訳された『イソップ物語』などとも比較してみてください。
〇明治初期に、英語の話・表現、そして西洋文化をどのように翻訳したのでしょうか。
〇同じ話でも、翻訳された時代・文化によってどのような差があるのでしょうか。

4.発表担当者は、2及び3について問題点を整理し、報告してください。

5.発表担当者以外の受講者は、ただ発表を聞くだけではなく、積極的に発言してください。

6.発表後は、演習中に指摘されたことをふまえ、補足調査を行い、期末レポートを作成します。
教科書・テキスト
Textbooks
『通俗伊蘇普物語』(渡部温訳)、2001年、平凡社・東洋文庫693
参考書
References
『仮名草子集(古活字版 伊曽保物語)』1965年、岩波・日本古典文学大系90
大塚光信・来田隆(編)『エソポのハブラス 本文と総索引』1999年、清文堂
武藤禎夫『絵入り伊曽保物語を読む』1997年、東京堂出版
『イソップ寓話 その伝承と変容』 小堀桂一郎 講談社学術文庫
その他多数(必要に応じて紹介していく)
受講生の自宅学習
Preparation and review
全員、発表で扱われる話を事前に読み、興味・関心のあることがらについて調べておくこと。
成績評価の方法と基準
Evaluation
出席(授業への参加も含む)30%、発表内容40%、期末レポート30%
連絡方法
Contact information
メール:fsaito@lit.nagoya-u.ac.jp

戻る PDF出力

ページトップへ