カリキュラム Curriculum 文学研究科MC ナンバリング Numbering
専攻 Major 日本文学 担当教員 Instructor 塩村 耕(SHIMORA Koh)
開講期 Semester 春学期(Spring semester) 開講時間帯 Day & time 火(Tue):3限
授業コード Code 番号 Number 303
科目種別/学科目 Course title 日本文学特殊研究
<Specialized Studies in Japanese Literature>
講義題目 Title 西鶴研究(1)
転用科目
コード(学部のみ)
Substitue for 単位 Credit 2
コースツリー/種別 Subject type 講義 受講年次 Grade
他学部
※空欄の場合は「不可」
となります。
  履修取り下げ制度 Course withdrawal 利用しない

※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
備考 Others
  • カリキュラム
    Curriculum
    文学研究科MC
    ナンバリング
    Numbering
  • 専攻
    Major
    日本文学
    担当教員
    Instructor
    塩村 耕(SHIMORA Koh)
  • 開講期
    Semester
    春学期(Spring semester)
    開講時間帯
    Day & time
    火(Tue):3限
  • 授業コード
    Code
    番号
    Number
    303
  • 科目種別/学科目
    Course title
    日本文学特殊研究
    <Specialized Studies in Japanese Literature>
    講義題目
    Title
    西鶴研究(1)
  • 転用科目コード(学部のみ)
    Substitue for
    単位
    Credit
    2
  • コースツリー/種別
    Subject type
    講義
    受講年次
    Grade
  • 他学部※空欄の場合は「不可」となります。
     
    履修取り下げ制度
    Course withdrawal
    利用しない

    ※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
  • 備考
    Others
履修条件・注意事項
Requirements for registration
前期と後期とは内容が異なるので、出来るだけ通年で受講すること。後期のみの受講者には導入的講義を行わない。
授業の目的
Course purpose
西鶴の著作を材料に、古典文学の適切な読み方を学ぶことを目的とする。即ち、細部の表現に留意し、類話と比較することによって、何が書かれているか、のみならず、どのように書かれているかにこだわる読み方を身に付ける。併せて、過去の豊かな文献の世界に直接分け入る上で必須である、くずし字読解能力を実践的に習得する。
Using Saikaku’s literature, students will learn proper reading of classical literature.In other words, by paying attention to detail expression and comparing it with similar stories, students learn how to read not only “what” was written, but also “how” it was written.
授業の内容・方法
Content
1687年刊、西鶴著『武道伝来記』は、諸国の敵討ちを主題とした短編集である。ただ、江戸時代に数多く作られた同類書の如く、敵討ちの成功を賛美する話は少なく、西鶴の創作意図は単純ではない。そこでは、さまざまな局面でいかに身を処すべきかが独自の視点で語られており、過去の日本人の、ひいては現代の日本人の行動規範を考える上で参考になる。
教科書・テキスト
Textbooks
版本『武道伝来記』写真版のプリントを配布する。
参考書
References
くずし字については『くずし字解読辞典』(東京堂出版)。その他の参考文献は、初回講義時に説明する。
受講生の自宅学習
Preparation and review
以下の7書を買って読みなさい。1)宮本常一『忘れられた日本人』、2)南方熊楠『十二支考』、3)内田百間『冥途・旅順入城式』、4)中田薫『徳川時代の文学に見えたる私法』、5)サキ『サキ傑作集』、6)淡島寒月『梵雲庵雑話』、7)旧事諮問会編『旧事諮問録』(以上、何れも岩波文庫)。
成績評価の方法と基準
Evaluation
①小テスト30%。②自ら設定した課題について小論文にまとめたレポート70%。
なお、期末試験を受験しなかった者は「欠席」とする。
連絡方法
Contact information
授業の前後に直接、あるいは随時メールで。

戻る PDF出力

ページトップへ