カリキュラム Curriculum 文学研究科MC ナンバリング Numbering
専攻 Major 日本文学 担当教員 Instructor 大井田 晴彦(OIDA Haruhiko)
開講期 Semester 秋学期(Fall semester) 開講時間帯 Day & time 水(Wed):1限
授業コード Code 番号 Number 306
科目種別/学科目 Course title 日本文学特殊研究
<Specialized Studies in Japanese Literature>
講義題目 Title 王朝文学の諸問題(2)
転用科目
コード(学部のみ)
Substitue for 単位 Credit 2
コースツリー/種別 Subject type 講義 受講年次 Grade
他学部
※空欄の場合は「不可」
となります。
  履修取り下げ制度 Course withdrawal 利用しない

※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
備考 Others
  • カリキュラム
    Curriculum
    文学研究科MC
    ナンバリング
    Numbering
  • 専攻
    Major
    日本文学
    担当教員
    Instructor
    大井田 晴彦(OIDA Haruhiko)
  • 開講期
    Semester
    秋学期(Fall semester)
    開講時間帯
    Day & time
    水(Wed):1限
  • 授業コード
    Code
    番号
    Number
    306
  • 科目種別/学科目
    Course title
    日本文学特殊研究
    <Specialized Studies in Japanese Literature>
    講義題目
    Title
    王朝文学の諸問題(2)
  • 転用科目コード(学部のみ)
    Substitue for
    単位
    Credit
    2
  • コースツリー/種別
    Subject type
    講義
    受講年次
    Grade
  • 他学部※空欄の場合は「不可」となります。
     
    履修取り下げ制度
    Course withdrawal
    利用しない

    ※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
  • 備考
    Others
履修条件・注意事項
Requirements for registration
前期も履修していることが望ましい。

授業の目的
Course purpose
『古今和歌集』から『新古今集』にいたる王朝和歌の読解を通じて、古典文学を読むための基礎的な理論の習得から専門的な知識の習得までをめざす。また、文法や語彙、文学史に関する幅広い知識を身につけ、古典文学を深く、正確に読解できるようにする。
The aim of this course is to help students acquire an understanding of the fundamental principles of Japanese classical poetry of Heian age.
授業の内容・方法
Content
王朝和歌をめぐる諸問題について講義する。具体的には、十一世紀初頭から十三世紀前半にかけての和歌史の流れを、主要な歌人と作品に即して考察する。
授業計画  
第1回:藤原公任
第2回:和泉式部Ⅰ 新風歌人として
第3回:和泉式部Ⅱ 日記の方法
第4回:枕草子と詩歌
第5回:源氏物語の和歌
第6回:転換点としての後拾遺集
第7回:源経信の叙景歌
第8回:源俊頼
第9回:院政期の和歌
第10回:西行
第11回:新古今集の成立と歌人たち
第12回:藤原定家Ⅰ 達磨歌の時代
第13回:藤原定家Ⅱ 古典の世界へ
第14回:隠岐の後鳥羽院と王朝和歌の終焉
第15回:まとめ
定期試験

教科書・テキスト
Textbooks
プリントを配布する。
参考書
References
そのつど紹介する。
受講生の自宅学習
Preparation and review
普段から古典文学に親しんでおくこと。
成績評価の方法と基準
Evaluation
期末試験70%+授業に対する姿勢(小テストなどを課すこともある)30%
連絡方法
Contact information
メール。

戻る PDF出力

ページトップへ