カリキュラム Curriculum 文学研究科MC ナンバリング Numbering
専攻 Major 日本文学 担当教員 Instructor 甘露 純規(KANRO Junki)
開講期 Semester 春学期(Spring semester) 開講時間帯 Day & time 火(Tue):2限
授業コード Code 番号 Number 307
科目種別/学科目 Course title 日本文学特殊研究
<Specialized Studies in Japanese Literature>
講義題目 Title 近代文学とオリジナリティ
転用科目
コード(学部のみ)
Substitue for 単位 Credit 2
コースツリー/種別 Subject type 講義 受講年次 Grade
他学部
※空欄の場合は「不可」
となります。
  履修取り下げ制度 Course withdrawal 利用しない

※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
備考 Others
  • カリキュラム
    Curriculum
    文学研究科MC
    ナンバリング
    Numbering
  • 専攻
    Major
    日本文学
    担当教員
    Instructor
    甘露 純規(KANRO Junki)
  • 開講期
    Semester
    春学期(Spring semester)
    開講時間帯
    Day & time
    火(Tue):2限
  • 授業コード
    Code
    番号
    Number
    307
  • 科目種別/学科目
    Course title
    日本文学特殊研究
    <Specialized Studies in Japanese Literature>
    講義題目
    Title
    近代文学とオリジナリティ
  • 転用科目コード(学部のみ)
    Substitue for
    単位
    Credit
    2
  • コースツリー/種別
    Subject type
    講義
    受講年次
    Grade
  • 他学部※空欄の場合は「不可」となります。
     
    履修取り下げ制度
    Course withdrawal
    利用しない

    ※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
  • 備考
    Others
履修条件・注意事項
Requirements for registration
 4回目の授業までに、シラバスに記入された作品は、全て読んでおくことを履修条件とする。基本的に講義形式をとるが、時に指名して意見を聞くことがある。
授業の目的
Course purpose
 近代文学史上重要な役割をはたした小説を、履修者が当時の文化的状況と照らし合わせて読むことにより、近代文学の基礎概念についての知識を習得できる。合わせて近代の出版文化についての知識の習得もできる。
The aim of this course is to acquire knowledge about the basic concepts of modern Japanese literature, by reading some important novels with reference to the cultural situation of the time.
授業の内容・方法
Content
第1回.履修についてのガイダンス
第2回.近代の出版文化①:近世の出版について
第3回.近代の出版文化②:活字印刷の影響について
第4回.三遊亭円朝「怪談 牡丹灯篭」を読む①:近世の物語創作法について①
第5回.三遊亭円朝「怪談 牡丹灯篭」を読む②:近世の物語創作法について②
第6回.二葉亭四迷「浮雲」①:怪談と言文一致運動について
第7回.二葉亭四迷「浮雲」②:近代の心理描写について
第8回.近代の出版文化③:女性作家と出版界①
第9回.近代の出版文化④:女性作家と出版界②
第10回.樋口一葉「うもれ木」と幸田露伴「風流仏」①:近代文学とオリジナリティ①
第11回.樋口一葉「うもれ木」と幸田露伴「風流仏」②:近代文学とオリジナリティ②
第12回.樋口一葉「うもれ木」と幸田露伴「風流仏」③:近代文学とオリジナリティ③
第13回.樋口一葉「たけくらべ」と藤本夕飈「心中皐月雨」①:作家の文体①
第14回.樋口一葉「たけくらべ」と藤本夕飈「心中皐月雨」②:作家の文体②
第15回.試験と解説
教科書・テキスト
Textbooks
三遊亭円朝『怪談 牡丹灯籠』(岩波文庫)、樋口一葉『にごりえ・たけくらべ』(新潮文庫)。他に樋口一葉「うもれ木」、幸田露伴「風流仏」(全集あるいは文庫で読んでおくこと)。
参考書
References
特に指定しない。
受講生の自宅学習
Preparation and review
授業期間内に、授業中に言及した作品を全て読了すること。
成績評価の方法と基準
Evaluation
 試験(80%)と平常点(20%)を総合して評価する。試験は、近代文学の基礎概念と出版文化の知識が習得できているかという授業目標の達成度合いで評価する。平常点は授業参加態度と授業中の提出物を鑑み、評価する。
連絡方法
Contact information
本務校(中京大学文学部)宛の書簡あるいはメール(jkanro@gmail.com)で連絡をとること。

戻る PDF出力

ページトップへ