カリキュラム Curriculum 文学研究科MC ナンバリング Numbering
専攻 Major 英米文学 担当教員 Instructor 滝川 睦(TAKIKAWA Mutsumu)
開講期 Semester 秋学期(Fall semester) 開講時間帯 Day & time 水(Wed):1限
授業コード Code 番号 Number 511
科目種別/学科目 Course title 英米文学
<English and American Literature>
講義題目 Title シャーウッド・アンダーソン研究
転用科目
コード(学部のみ)
Substitue for 単位 Credit 2
コースツリー/種別 Subject type 演習 受講年次 Grade
他学部
※空欄の場合は「不可」
となります。
  履修取り下げ制度 Course withdrawal 利用しない

※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
備考 Others 他分野・他研究科の学生は、開講10日前までに授業要領について担当教員から指導を受けること。
  • カリキュラム
    Curriculum
    文学研究科MC
    ナンバリング
    Numbering
  • 専攻
    Major
    英米文学
    担当教員
    Instructor
    滝川 睦(TAKIKAWA Mutsumu)
  • 開講期
    Semester
    秋学期(Fall semester)
    開講時間帯
    Day & time
    水(Wed):1限
  • 授業コード
    Code
    番号
    Number
    511
  • 科目種別/学科目
    Course title
    英米文学
    <English and American Literature>
    講義題目
    Title
    シャーウッド・アンダーソン研究
  • 転用科目コード(学部のみ)
    Substitue for
    単位
    Credit
    2
  • コースツリー/種別
    Subject type
    演習
    受講年次
    Grade
  • 他学部※空欄の場合は「不可」となります。
     
    履修取り下げ制度
    Course withdrawal
    利用しない

    ※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
  • 備考
    Others
    他分野・他研究科の学生は、開講10日前までに授業要領について担当教員から指導を受けること。
履修条件・注意事項
Requirements for registration
受講者は初回の授業に出席して、スケジュール表と授業内容を確認してください。最初の授業に出席できない場合は、必ず初回の授業前に担当教員に連絡をとり、指示された課題をこなしてください。教科書は各自で初回の授業前に購入して授業の予習を万全にして受講してください。初回の授業に教科書を持っていない場合は、受講許可できなくなる可能性もありますので、必ず教科書は買って授業に臨むこと。
授業の目的
Course purpose
アメリカ文学における語りの研究をシャーウッド・アンダーソンの『ワインズバーグ・オハイオ』を分析することによって行います。受講生は文学部の教育目標である「人間への洞察力」「言葉への深い関心」「心と行為に対する探求心」を養成することができます。
授業の内容・方法
Content
以下の内容を予定しています。演習形式ですので、受講生のプレゼンテーションと質疑応答が授業を形成し展開していきます。
『ワインズバーグ・オハイオ』と語り
『ワインズバーグ・オハイオ』における少年像
『ワインズバーグ・オハイオ』における共同体の概念
『ワインズバーグ・オハイオ』とアメリカ文学の伝統
『ワインズバーグ・オハイオ』における身体表象
『ワインズバーグ・オハイオ』におけるジェンダー概念
『ワインズバーグ・オハイオ』における狂気
教科書・テキスト
Textbooks
Anderson, Sherwood. Winesburg Ohio: Authoritative Text: Backgrounds and Contexts Criticism. Ed. Charles E. Modlin and Ray Lewis White. W. W. Norton & Co Inc. Norton, 1996. Paperback. ISBN 9780393967951
参考書
References
授業時に指示します。
受講生の自宅学習
Preparation and review
辞書を丹念に引いて予習をしてくること。また漫然と読むのではなく、問題意識をもってテキストを精読すること。
成績評価の方法と基準
Evaluation
レポート試験80%、授業参加度(予習、プレゼンテーション)20%
連絡方法
Contact information
文学部棟417室

戻る PDF出力

ページトップへ