カリキュラム Curriculum 文学研究科MC ナンバリング Numbering
専攻 Major ドイツ文学 担当教員 Instructor 中村 靖子(NAKAMURA Yasuko)
開講期 Semester 秋学期(Fall semester) 開講時間帯 Day & time 木(Thu):4限
授業コード Code 番号 Number 602
科目種別/学科目 Course title ドイツ文学講義
<German Literature>
講義題目 Title 「思いがけない再会」
転用科目
コード(学部のみ)
Substitue for 単位 Credit 2
コースツリー/種別 Subject type 講義 受講年次 Grade
他学部
※空欄の場合は「不可」
となります。
  履修取り下げ制度 Course withdrawal 利用しない

※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
備考 Others
  • カリキュラム
    Curriculum
    文学研究科MC
    ナンバリング
    Numbering
  • 専攻
    Major
    ドイツ文学
    担当教員
    Instructor
    中村 靖子(NAKAMURA Yasuko)
  • 開講期
    Semester
    秋学期(Fall semester)
    開講時間帯
    Day & time
    木(Thu):4限
  • 授業コード
    Code
    番号
    Number
    602
  • 科目種別/学科目
    Course title
    ドイツ文学講義
    <German Literature>
    講義題目
    Title
    「思いがけない再会」
  • 転用科目コード(学部のみ)
    Substitue for
    単位
    Credit
    2
  • コースツリー/種別
    Subject type
    講義
    受講年次
    Grade
  • 他学部※空欄の場合は「不可」となります。
     
    履修取り下げ制度
    Course withdrawal
    利用しない

    ※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
  • 備考
    Others
履修条件・注意事項
Requirements for registration
ドイツ語に関する初歩的な知識が必要です。
授業の目的
Course purpose
「思いがけない再会」を主題とした文学作品を順に追っていきます。
それぞれの作品の成立背景を通して、ドイツ文学史の大枠を知ることにつなげていきます。
授業の内容・方法
Content
ヘーベル(1811)から、戦後のスイス作家フリッシュに至るまで、「思いがけない再会」を主題とした作品を順次解読していきます。主には、ファールン鉱山事件、マルタン・ゲール事件を中心として、しばらくの別離と再会(再認)がなぜこれほど執拗に文学的主題となるのか,それぞれの作品の時代背景や思想的基盤を視野に入れつつ考察します。
教科書・テキスト
Textbooks
毎回資料配付
参考書
References
受講生の自宅学習
Preparation and review
成績評価の方法と基準
Evaluation
学期末のレポート
連絡方法
Contact information
メールで連絡してください。

戻る PDF出力

ページトップへ