カリキュラム Curriculum 文学研究科MC ナンバリング Numbering
専攻 Major 中国文学 担当教員 Instructor 佐野 誠子(SANO Seiko)
開講期 Semester 春学期(Spring semester) 開講時間帯 Day & time 金(Fri):2限
授業コード Code 番号 Number 804
科目種別/学科目 Course title 中国文学研究史
<History of the Studies in Chinese Literature>
講義題目 Title 仏教志怪研究
転用科目
コード(学部のみ)
Substitue for 単位 Credit 2
コースツリー/種別 Subject type 講義 受講年次 Grade
他学部
※空欄の場合は「不可」
となります。
  履修取り下げ制度 Course withdrawal 利用しない

※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
備考 Others
  • カリキュラム
    Curriculum
    文学研究科MC
    ナンバリング
    Numbering
  • 専攻
    Major
    中国文学
    担当教員
    Instructor
    佐野 誠子(SANO Seiko)
  • 開講期
    Semester
    春学期(Spring semester)
    開講時間帯
    Day & time
    金(Fri):2限
  • 授業コード
    Code
    番号
    Number
    804
  • 科目種別/学科目
    Course title
    中国文学研究史
    <History of the Studies in Chinese Literature>
    講義題目
    Title
    仏教志怪研究
  • 転用科目コード(学部のみ)
    Substitue for
    単位
    Credit
    2
  • コースツリー/種別
    Subject type
    講義
    受講年次
    Grade
  • 他学部※空欄の場合は「不可」となります。
     
    履修取り下げ制度
    Course withdrawal
    利用しない

    ※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
  • 備考
    Others
履修条件・注意事項
Requirements for registration
原則、古典中国語(漢文)及び現代中国語の能力を要求する。ただし、他専攻で、仏教説話や仏教史に関心がある学生の参加を妨げない。要相談。
授業の目的
Course purpose
This course provides an introduction to Classical and Literary Chinese with emphasis on reading skills. In this class, we will read Lu Gao's "Sequel Records of Guanyin's Miraculous responses (Ji guanshiyin yingyanji)". The text is only remained in Shoren-in temple Kyoto Japan .

六朝梁代に書かれた陸杲『繋観世音応験記』は、前作傅亮『光世音応験記』、張演『続光世音応験記』と共に『観音応験記』としてまとめられ、京都青蓮院にのみ写本が伝わる。原本そのものが残ることのない六朝志怪の中では、貴重な書籍であるといえる。
参考書欄に示すように、当該書にはすでに複数の翻刻資料があるが、改めて原本から文字を検討し、六朝時代の仏教志怪のありようについて再検討する。

今学期で、『繋観世音応験記』を読了する予定である。

学期内に読了した場合は、引き続き唐・孟献忠『金剛般若経集験記』を講読する。
授業の内容・方法
Content
はじめに、六朝志怪と仏教の関わりについて講義したあとは、担当を割り当てて、講読を行っていく。今年度は、第66話から開始する。

それぞれの担当について、翻字、文字の校訂、原文の現代中国語音による音読、書き下し、日本語訳、語注をレジュメにまとめること。
教科書・テキスト
Textbooks
青蓮院所蔵『観世音応験記』(東京大学史料編纂所所蔵のマイクロフィルムを紙焼きしたもの)。コピーで配布
参考書
References
牧田諦亮『六朝古逸観世音応験記の研究』平楽寺書店1970
孫昌武『観世音応験記三種』中華書局1994
衣川賢次「傅亮『光世音応験記』訳注」『花園大学文学部研究紀要』29、1997
衣川賢次「張演『続光世音応験記』訳注(上)」『花園大学文学部研究紀要』31、1999
衣川賢次「張演『続光世音応験記』訳注(下)」『花園大学文学部研究紀要』33、2001
董志翹『観世音応験記三種訳注』江蘇古籍出版社2002
後藤昭雄「金剛寺蔵<佚名諸菩薩感応抄>所引『観世音応験記』佚文」『大阪大学文学部紀要』39、1999
佐野誠子「陸杲『繫観世音応験記』訳注稿(一)」『名古屋大學中国語學文學論集』29、2015
佐野誠子「陸杲『繫観世音応験記』訳注稿(二)」『名古屋大學中国語學文學論集』30、2017

その他『高僧伝』『続高僧伝』『法苑珠林』『太平広記』なども参照する必要がある

小南一郎「六朝隋唐小説史の展開と仏教信仰」(福永光司編『中国中世の宗教と文化』京都大学人文科学研究所1982所収)
受講生の自宅学習
Preparation and review
各種辞書、仏教関係の専門事典を丹念に調べること。

文字の翻刻の他、同一話が『法苑珠林』『太平広記』などにみられることが多い。これらのテキストの確認をきちんと行うこと。
成績評価の方法と基準
Evaluation
授業への参加態度。また担当した話について、授業後に改めて訂正を反映した完成版のレジュメを作成してもらう。また、その原稿は、訳注稿として、『名古屋大學中國語學文學論集』に掲載する予定である。
連絡方法
Contact information
メールによる。

戻る PDF出力

ページトップへ