カリキュラム Curriculum 文学研究科MC ナンバリング Numbering
専攻 Major 哲学 担当教員 Instructor 宮原 勇(MIYAHARA Isamu)
開講期 Semester 春学期(Spring semester) 開講時間帯 Day & time 木(Thu):5限
授業コード Code 番号 Number 901
科目種別/学科目 Course title 哲学
<Philosophy>
講義題目 Title ハイデガー『時間概念の歴史への序説』I
転用科目
コード(学部のみ)
Substitue for 哲学・演習 単位 Credit 2
コースツリー/種別 Subject type 講義 受講年次 Grade
他学部
※空欄の場合は「不可」
となります。
  履修取り下げ制度 Course withdrawal 利用しない

※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
備考 Others
  • カリキュラム
    Curriculum
    文学研究科MC
    ナンバリング
    Numbering
  • 専攻
    Major
    哲学
    担当教員
    Instructor
    宮原 勇(MIYAHARA Isamu)
  • 開講期
    Semester
    春学期(Spring semester)
    開講時間帯
    Day & time
    木(Thu):5限
  • 授業コード
    Code
    番号
    Number
    901
  • 科目種別/学科目
    Course title
    哲学
    <Philosophy>
    講義題目
    Title
    ハイデガー『時間概念の歴史への序説』I
  • 転用科目コード(学部のみ)
    Substitue for
    哲学・演習
    単位
    Credit
    2
  • コースツリー/種別
    Subject type
    講義
    受講年次
    Grade
  • 他学部※空欄の場合は「不可」となります。
     
    履修取り下げ制度
    Course withdrawal
    利用しない

    ※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
  • 備考
    Others
履修条件・注意事項
Requirements for registration
ドイツ語のテキストを使用する。
予習を十分にして授業に望むこと。
授業の目的
Course purpose
ハイデガー哲学の生成の前提となるフッサール現象学に関する知識をハイデガーによる1925年の講義録を精読することで身につける。そして、ヨーロッパ哲学の根本的問題に関する知見を身につける。
The aim of this course is to provide the students with the fundamental knowledge of Husserlian phenomenology which makes the fundamental presumption for the study of Heidegger's theory of Dasein in "Sein und Zeit" and at the same time to provide them with the knowledge about the fundamental problems in the modern European philosophy.
授業の内容・方法
Content
ハイデガー『時間概念の歴史への序説』ハイデガー全集第20巻の訳読をする。
事前に担当箇所を当てる。
教科書・テキスト
Textbooks
Martin Heidegger, Gesamtausgabe, Bd.20, Prolegomena zur Geschichte des Zeitbegriffs, Vittorio Klostermann,1979をテキストとする。

授業時に於いて適宜配付する
参考書
References
宮原勇編『ハイデガー存在と時間を学ぶ人のために』世界思想社
邦訳は、創文社ハイデッガー全集第20巻。
受講生の自宅学習
Preparation and review
予習を十分にして授業に望むこと。
成績評価の方法と基準
Evaluation
訳読の評価と出席数により評価する。
連絡方法
Contact information
miyahara(@)lit.nagoya-u.ac.jp

戻る PDF出力

ページトップへ