カリキュラム Curriculum 人文学研究科MC ナンバリング Numbering LI5028J
専攻 Major 言語学 担当教員 Instructor 井土 愼二(IDO Shinji)
開講期 Semester 春学期(Spring semester) 開講時間帯 Day & time 水(Wed):3限
授業コード Code 番号 Number 1127
科目種別/学科目 Course title 歴史言語学研究Ⅱ
<Studies in historical linguistics II>
講義題目 Title 歴史言語学研究Ⅱ
転用科目
コード(学部のみ)
Substitue for 単位 Credit 2
コースツリー/種別 Subject type 講義 受講年次 Grade
他学部
※空欄の場合は「不可」
となります。
  履修取り下げ制度 Course withdrawal 利用しない

※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
備考 Others
  • カリキュラム
    Curriculum
    人文学研究科MC
    ナンバリング
    Numbering
    LI5028J
  • 専攻
    Major
    言語学
    担当教員
    Instructor
    井土 愼二(IDO Shinji)
  • 開講期
    Semester
    春学期(Spring semester)
    開講時間帯
    Day & time
    水(Wed):3限
  • 授業コード
    Code
    番号
    Number
    1127
  • 科目種別/学科目
    Course title
    歴史言語学研究Ⅱ
    <Studies in historical linguistics II>
    講義題目
    Title
    歴史言語学研究Ⅱ
  • 転用科目コード(学部のみ)
    Substitue for
    単位
    Credit
    2
  • コースツリー/種別
    Subject type
    講義
    受講年次
    Grade
  • 他学部※空欄の場合は「不可」となります。
     
    履修取り下げ制度
    Course withdrawal
    利用しない

    ※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
  • 備考
    Others
履修条件・注意事項
Requirements for registration
特になし。
授業の目的
Course purpose
言語接触に関する研究を概観することを目的とし、例えば日本語やトルコ語等の「個別言語」が、その名称が与える印象に反して、自己完結的でないことを、言語接触の実例を通して確認することを目標とする。

This course overviews various linguistic phenomena that have been described as resulting from contact between language varieties.
授業の内容・方法
Content
下記のテーマを扱う。

1. 導入
2. 系統樹と言語接触
3. 母音体系の変化(または変化の欠如)と言語接触
4. 音韻・音声の変化(または変化の欠如)と言語接触
5. 統語の変化(または変化の欠如)と言語接触
6. ピジン化、クレオール化と言語接触

上記は予定であり、学生の進度や授業の進行に合わせ、変更を加える可能性がある。
教科書・テキスト
Textbooks
テキストは使用せず,配布物を使用する。
参考書
References
参考文献は授業において適宜指示する。
受講生の自宅学習
Preparation and review
ほぼ毎回、テーマに沿った個別言語からの事例を探して、配布資料にまとめ、報告する。
配布資料の大きさはA3とし、分量は「両面・2枚」以内とする。
成績評価の方法と基準
Evaluation
学生がまとめてきた報告の評価による。
連絡方法
Contact information
授業前後に声をかけるかオフィスアワーに研究室に来ること。

戻る PDF出力

ページトップへ