カリキュラム Curriculum 文学研究科MC ナンバリング Numbering
専攻 Major インド文学 担当教員 Instructor 和田 壽弘(WADA Toshihiro)
開講期 Semester 春学期(Spring semester) 開講時間帯 Day & time 月(Mon):2限
授業コード Code 番号 Number 1206
科目種別/学科目 Course title 仏教思想史
<History of Buddhist Thoughts>
講義題目 Title 大乗仏典講読
転用科目
コード(学部のみ)
Substitue for 単位 Credit 2
コースツリー/種別 Subject type 講義 受講年次 Grade
他学部
※空欄の場合は「不可」
となります。
  履修取り下げ制度 Course withdrawal 利用しない

※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
備考 Others
  • カリキュラム
    Curriculum
    文学研究科MC
    ナンバリング
    Numbering
  • 専攻
    Major
    インド文学
    担当教員
    Instructor
    和田 壽弘(WADA Toshihiro)
  • 開講期
    Semester
    春学期(Spring semester)
    開講時間帯
    Day & time
    月(Mon):2限
  • 授業コード
    Code
    番号
    Number
    1206
  • 科目種別/学科目
    Course title
    仏教思想史
    <History of Buddhist Thoughts>
    講義題目
    Title
    大乗仏典講読
  • 転用科目コード(学部のみ)
    Substitue for
    単位
    Credit
    2
  • コースツリー/種別
    Subject type
    講義
    受講年次
    Grade
  • 他学部※空欄の場合は「不可」となります。
     
    履修取り下げ制度
    Course withdrawal
    利用しない

    ※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
  • 備考
    Others
履修条件・注意事項
Requirements for registration
サンスクリット中級の知識が必要である。
授業の目的
Course purpose
 チベット訳された大乗経典を読むことにより、インド仏教及びその中に反映したインド哲学がどのようにしてインド圏外で理解されたのかを学習する。これは「公民」に必要な哲学的宗教学的素養を培うことになる。

The aim of this course is to help students read some Sanskrit texts of Mahayana Buddhism.
授業の内容・方法
Content
 代表的な大乗仏典の中から『金剛般若経』『華厳経』『金剛頂経』を取り上げ、そのサンスクリット原文を参照しながらチベット語訳を理解する。予習が重要である。
授業計画 
第1回:『金剛般若経』の概要
第2回:『金剛般若経』仏による菩薩の援助
第3回:『金剛般若経』菩薩の実践
第4回:『金剛般若経』仏と説法の本質
第5回:『華厳経』「入法界品」の概要
第6回:「入法界品」ジェータ・ヴァナにおける集会
第7回:「入法界品」菩薩衆の参集
第8回:「入法界品」声聞の境地
第9回:「入法界品」仏の讃頌
第10回:「入法界品」普賢菩薩
第11回:『金剛頂経』の概要
第12回: 『金剛頂経』五相成身観
第13回:『金剛頂経』十六大菩薩
第14回:『金剛頂経』四波羅蜜菩薩
第15回:『金剛頂経』四攝菩薩
定期試験
教科書・テキスト
Textbooks
授業の中で指示する。
参考書
References
岩本裕(編)『大乗仏典(1)〜()』仏教聖典選、読売新聞社、1974〜1975。
受講生の自宅学習
Preparation and review
予習は必須である。
成績評価の方法と基準
Evaluation
試験50%、平常点(予習の状況と授業中の質疑を評価対象とする)50%。
連絡方法
Contact information
E-mail: twada@lit.nagoya-u.ac.jp
Phone:052-789-2278

戻る PDF出力

ページトップへ