カリキュラム Curriculum 文学研究科MC ナンバリング Numbering 該当なし
専攻 Major ドイツ文学 担当教員 Instructor 小坂 光一(KOSAKA Koichi)
開講期 Semester 秋学期(Fall semester) 開講時間帯 Day & time 月(Mon):4限
コード番号 Code Number 731 教職 Teacher's License 教科   : 該当なし
入学年度 : 該当なし
科目名 Course title ドイツ語学
<German Linguistics>
講義題目 Title 低地ドイツ語としてのオランダ語
転用科目
コード(学部のみ)
Substitue for 該当なし 単位 Credit 2
コースツリー/種別 Subject type 講義 受講年次 Grade
他学部   不可 履修取り下げ制度 Course withdrawal 利用しない

※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
学芸員資格 Curator's Qualification 該当なし
備考 Others 該当なし
  • カリキュラム
    Curriculum
    文学研究科MC
    ナンバリング
    Numbering
    該当なし
  • 専攻
    Major
    ドイツ文学
    担当教員
    Instructor
    小坂 光一(KOSAKA Koichi)
  • 開講期
    Semester
    秋学期
    開講時間帯
    Day & time
    月(Mon):4限
  • コード番号
    Code Number
    731
    教職
    Teacher's License
    教科   : 該当なし
    入学年度 : 該当なし
  • 科目名
    Course title
    ドイツ語学
    <German Linguistics>
    講義題目
    Title
    低地ドイツ語としてのオランダ語
  • 転用科目コード(学部のみ)
    Substitue for
    該当なし
    単位
    Credit
    2
  • コースツリー/種別
    Subject type
    講義
    受講年次
    Grade
  • 他学部
     
    不可
    学芸員資格
    Curator's Qualification
    該当なし
    履修取り下げ制度
    Course withdrawal
    利用しない

    ※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
  • 備考
    Others
    該当なし
履修条件・注意事項
Requirements for registration
口頭練習をするので、毎回出席できることが受講の条件となる。
授業の目的
Course purpose
低地ドイツ語としてのオランダ語を扱う。
ドイツ語には高地ドイツ語(現代ドイツの共通語・標準語の基になっている)と北部で用いられる低地ドイツ語がある。今学期は低地ドイツ語としてのオランダ語の口語(話しことば)を扱う。
また、言語研究をするに当っては、研究目的となる言語だけでなく、なるべく多くの言語に触れることが重要であると考える。目的となる言語は深く追求する必要があるが、その他の言語は、深く追求するよりも広く追求するのが理想的と考える。その意味で、未知言語の学習は言語研究に裨益するところ大である。
授業の内容・方法
Content
オランダ語は英語と標準ドイツ語の中間のような言語である。従って、英語かドイツ語のできる人にとっては極めて学びやすい言語である。両方知っていればなお学びやすい。
ドイツ語、オランダ語、英語、フランス語などの(歴史的)位置づけについての説明を聞いた後はもっぱら日常オランダ語の口頭練習をすることになる。
それと同時に、日本語、英語、ドイツ語、フランス語などとの対照も(折に触れて)行う。
教科書・テキスト
Textbooks
『ニューエクスプレス オランダ語』(白水社)及びプリント教材
参考書
References
なお、辞書としては次のものがあるが、授業のためには特に購入する必要はない。

オランダ語辞典(講談社)

ドイツ語から入る人のためには Langenscheidt 社から何種類もの独蘭・蘭独辞典が出ている。例えば、
Langenscheidts Taschenwörterbuch : Niederländisch
Langenscheidts Eurowörterbuch : Niederländisch
Wolters Handwörterbuch I : Niederländisch-Deutsch
Wolters Handwörterbuch II : Deutsch-Niederländisch
受講生の自宅学習
Preparation and review
口頭練習が主なので、授業中の練習が最も重要である。
成績評価の方法と基準
Evaluation
授業中の貢献度とできばえ60%
期末試験(もしくはレポート)40%

ただし、通常の授業における練習と試験の内容は連動するので、授業と試験は内容的に一体化している。
5回以上無断欠席をした場合は自動的に「F(不合格)」になる。
連絡方法
Contact information
第1回目の授業でメールアドレスと携帯電話番号を伝える。このいずれかを使った連絡はいつでも歓迎する。

戻る PDF出力

ページトップへ