カリキュラム Curriculum 人文学研究科DC ナンバリング Numbering HUMEL7007J
専攻 Major 英語学 担当教員 Instructor 秋田 喜美(AKITA Kimi)
開講期 Semester 春学期(Spring semester) 開講時間帯 Day & time 月(Mon):5限
コード番号 Code Number 30407 教職 Teacher's License 教科   : 該当なし
入学年度 : 該当なし
科目名 Course title 博士論文研究Ⅳa
<PhD Thesis Seminar IVa>
講義題目 Title
転用科目
コード(学部のみ)
Substitue for 該当なし 単位 Credit 2
コースツリー/種別 Subject type 演習 受講年次 Grade
他学部   不可 履修取り下げ制度 Course withdrawal 利用しない

※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
学芸員資格 Curator's Qualification 該当なし
備考 Others 該当なし
  • カリキュラム
    Curriculum
    人文学研究科DC
    ナンバリング
    Numbering
    HUMEL7007J
  • 専攻
    Major
    英語学
    担当教員
    Instructor
    秋田 喜美(AKITA Kimi)
  • 開講期
    Semester
    春学期
    開講時間帯
    Day & time
    月(Mon):5限
  • コード番号
    Code Number
    30407
    教職
    Teacher's License
    教科   : 該当なし
    入学年度 : 該当なし
  • 科目名
    Course title
    博士論文研究Ⅳa
    <PhD Thesis Seminar IVa>
    講義題目
    Title
  • 転用科目コード(学部のみ)
    Substitue for
    該当なし
    単位
    Credit
    2
  • コースツリー/種別
    Subject type
    演習
    受講年次
    Grade
  • 他学部
     
    不可
    学芸員資格
    Curator's Qualification
    該当なし
    履修取り下げ制度
    Course withdrawal
    利用しない

    ※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
  • 備考
    Others
    該当なし
履修条件・注意事項
Requirements for registration
言語学ないし英語学の概論を学習済みであることが望ましい。(basic knowledge of linguistics)
授業の目的
Course purpose
認知言語学の入門書を精読しつつ、最新の課題についても考える。(In this course, we will learn and discuss the basic and latest issues in cognitive linguistics.)
授業の内容・方法
Content
各回、受講生ないし教員が、教科書の指定範囲についてスライドを用いた要点確認と問題提起を行う。その上で、発展的課題を論じる。進度やテーマは随時調整する。(Every class will start with a student's or the instructor's brief review of part of the textbook, which will be followed by a discussion on related issues.)

扱うテーマ例は以下の通り(Topics to be covered include):
1:認知言語学とは(What is cognitive linguistics?)
2:フレーム(frames)
3:概念化(conceptualization)
4:カテゴリー(categories)
5:多義性(polysemy)
6:包摂関係(hyponymy)
7:反義性(antonymy)
教科書・テキスト
Textbooks
Croft, William, and D. Alan Cruse. 2004. Cognitive Linguistics. Cambridge: Cambridge University Press.
参考書
References
松本曜. 2003.『認知意味論』大修館書店.(あるいは、認知言語学の他の入門書)
受講生の自宅学習
Preparation and review
・次回分の章を読んで疑問・問題点をリストし、授業内での議論に備える。(reading the textbook and listing questions and problems in preparation for in-class discussion)

・授業内で発生した議論について考える。(considering the issues discussed in the previous class)
成績評価の方法と基準
Evaluation
授業への貢献(active participation)(30%)、数回の発表(presentations)(30%)、授業内容に関する期末試験(take-home exam)(40%)
連絡方法
Contact information
メールか研究室訪問(email me or visit my office at IRB 614)。

戻る PDF出力

ページトップへ