カリキュラム Curriculum 文学研究科MC ナンバリング Numbering 該当なし
専攻 Major 日本史学 担当教員 Instructor 斎藤 夏来(SAITO Natsuki)
開講期 Semester 秋学期(Fall semester) 開講時間帯 Day & time 火(Tue):4限
コード番号 Code Number 518 教職 Teacher's License 教科   : 該当なし
入学年度 : 該当なし
科目名 Course title 中世史
<Japanese History(Medieval)>
講義題目 Title 中世史史料研究
転用科目
コード(学部のみ)
Substitue for 該当なし 単位 Credit 2
コースツリー/種別 Subject type 演習 受講年次 Grade
他学部   不可 履修取り下げ制度 Course withdrawal 利用しない

※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
学芸員資格 Curator's Qualification 該当なし
備考 Others 該当なし
  • カリキュラム
    Curriculum
    文学研究科MC
    ナンバリング
    Numbering
    該当なし
  • 専攻
    Major
    日本史学
    担当教員
    Instructor
    斎藤 夏来(SAITO Natsuki)
  • 開講期
    Semester
    秋学期
    開講時間帯
    Day & time
    火(Tue):4限
  • コード番号
    Code Number
    518
    教職
    Teacher's License
    教科   : 該当なし
    入学年度 : 該当なし
  • 科目名
    Course title
    中世史
    <Japanese History(Medieval)>
    講義題目
    Title
    中世史史料研究
  • 転用科目コード(学部のみ)
    Substitue for
    該当なし
    単位
    Credit
    2
  • コースツリー/種別
    Subject type
    演習
    受講年次
    Grade
  • 他学部
     
    不可
    学芸員資格
    Curator's Qualification
    該当なし
    履修取り下げ制度
    Course withdrawal
    利用しない

    ※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
  • 備考
    Others
    該当なし
履修条件・注意事項
Requirements for registration
高等学校卒業程度以上の古文・漢文の読解能力を求める。
授業の目的
Course purpose
中世史料の読解と調査に関する基礎的な技能を身につける。
Learning goals: Choose historical materials included in Documents of Kobayakawa family based on one’s own interest. Take full advantage of dictionaries to understand the materials, survey references to understand the content, and develop research skills.
授業の内容・方法
Content
日本中世史に関する代表的な古文書群である小早川家文書をテキストとする。毎回担当者を決め、その報告をもとに、受講者全員で質疑応答を行う。報告と質疑応答の主な内容は、史料の正確な読解、関連史料の調査、先行研究の解釈に関する検討などとする。適宜、学生の研究構想発表と、それをめぐる質疑応答も行う。
教科書・テキスト
Textbooks
小早川家文書(大日本古文書)
参考書
References
適宜指示する。
受講生の自宅学習
Preparation and review
報告担当時には関連史料・文献の調査を行う。報告担当外にも報告担当時に準じる予習を行う。
成績評価の方法と基準
Evaluation
報告担当時の内容50%、報告担当外の質疑応答への参加姿勢50%
連絡方法
Contact information
メール

戻る PDF出力

ページトップへ