カリキュラム Curriculum 文学研究科MC ナンバリング Numbering 該当なし
専攻 Major 美学美術史学 担当教員 Instructor 木俣 元一(KIMATA Motokazu)
開講期 Semester 春学期(Spring semester) 開講時間帯 Day & time 金(Fri):4限
コード番号 Code Number 559 教職 Teacher's License 教科   : 該当なし
入学年度 : 該当なし
科目名 Course title 西洋美術史
<History of Occidental Arts>
講義題目 Title 西洋美術史フランス語講読1
転用科目
コード(学部のみ)
Substitue for 該当なし 単位 Credit 2
コースツリー/種別 Subject type 演習 受講年次 Grade
他学部   不可 履修取り下げ制度 Course withdrawal 利用しない

※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
学芸員資格 Curator's Qualification 該当なし
備考 Others 該当なし
  • カリキュラム
    Curriculum
    文学研究科MC
    ナンバリング
    Numbering
    該当なし
  • 専攻
    Major
    美学美術史学
    担当教員
    Instructor
    木俣 元一(KIMATA Motokazu)
  • 開講期
    Semester
    春学期
    開講時間帯
    Day & time
    金(Fri):4限
  • コード番号
    Code Number
    559
    教職
    Teacher's License
    教科   : 該当なし
    入学年度 : 該当なし
  • 科目名
    Course title
    西洋美術史
    <History of Occidental Arts>
    講義題目
    Title
    西洋美術史フランス語講読1
  • 転用科目コード(学部のみ)
    Substitue for
    該当なし
    単位
    Credit
    2
  • コースツリー/種別
    Subject type
    演習
    受講年次
    Grade
  • 他学部
     
    不可
    学芸員資格
    Curator's Qualification
    該当なし
    履修取り下げ制度
    Course withdrawal
    利用しない

    ※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
  • 備考
    Others
    該当なし
履修条件・注意事項
Requirements for registration
フランス語の基礎的な文法の知識と読解力を身に付けていること
授業の目的
Course purpose
フランス語による美術史に関係する文献を読む基礎的な力を身に付ける
西洋美術史に関する基礎的な知識を身に付ける
授業の内容・方法
Content
授業ではフランス語のテキストを読みながら、それについて解説する形で進める
教科書・テキスト
Textbooks
テキストについては、初回の授業時にコピーを配布する
参考書
References
参考書・参考文献は、授業時に指示する
受講生の自宅学習
Preparation and review
授業の準備としてテキストの内容を理解できるように予習をしておく
授業時に指示した参考書等を読むなど、理解を深める
成績評価の方法と基準
Evaluation
毎回の授業時における予習や和訳などの状況などにより評価を行う
連絡方法
Contact information
下記の教員のメールアドレスに連絡する
imago@nagoya-u.jp

戻る PDF出力

ページトップへ