カリキュラム Curriculum 文学研究科MC ナンバリング Numbering 該当なし
専攻 Major 美学美術史学 担当教員 Instructor 栗田 秀法(KURITA Hidenori)
開講期 Semester 秋学期(Fall semester) 開講時間帯 Day & time 月(Mon):5限
コード番号 Code Number 561 教職 Teacher's License 教科   : 該当なし
入学年度 : 該当なし
科目名 Course title 西洋美術史
<History of Occidental Arts>
講義題目 Title 西洋美術史英語講読
転用科目
コード(学部のみ)
Substitue for 該当なし 単位 Credit 2
コースツリー/種別 Subject type 演習 受講年次 Grade
他学部   不可 履修取り下げ制度 Course withdrawal 利用しない

※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
学芸員資格 Curator's Qualification 該当なし
備考 Others 該当なし
  • カリキュラム
    Curriculum
    文学研究科MC
    ナンバリング
    Numbering
    該当なし
  • 専攻
    Major
    美学美術史学
    担当教員
    Instructor
    栗田 秀法(KURITA Hidenori)
  • 開講期
    Semester
    秋学期
    開講時間帯
    Day & time
    月(Mon):5限
  • コード番号
    Code Number
    561
    教職
    Teacher's License
    教科   : 該当なし
    入学年度 : 該当なし
  • 科目名
    Course title
    西洋美術史
    <History of Occidental Arts>
    講義題目
    Title
    西洋美術史英語講読
  • 転用科目コード(学部のみ)
    Substitue for
    該当なし
    単位
    Credit
    2
  • コースツリー/種別
    Subject type
    演習
    受講年次
    Grade
  • 他学部
     
    不可
    学芸員資格
    Curator's Qualification
    該当なし
    履修取り下げ制度
    Course withdrawal
    利用しない

    ※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
  • 備考
    Others
    該当なし
履修条件・注意事項
Requirements for registration
・初回の授業時に、テキストのコピーを配付し、授業の進め方を説明するのと、必ず出席すること。
・予習にそれなりの時間がかかると思われるので、承知の上受講すること。

This course will be taught in Japanese.
授業の目的
Course purpose
西洋美術史に関する英語文献を読みこなす能力と美術作品に多面的にアプローチする手法を身につけることを目的とする。

The purpose of this course is to help students read art historical texts written in English.
授業の内容・方法
Content
購読予定テキスト
Jack J.Spector, Delacroix:The Death of Sardanapalus, 1974.

テキストは、ロマン主義の巨匠ドラクロワの代表作のひとつ《サルダナパールの死》を多面的に考察したもの。

参加者は英語を日本語に訳すとともに、適宜内容についても補足できるように準備してもらう。初回には、テキストを配布するとともに、具体的な授業の進め方およびテキストや扱われるトピックについて簡単に説明を行う。
教科書・テキスト
Textbooks
テキストのコピーを授業時に配付。NUCTと連携するので適宜活用すること。

Text book will be introduced in the class.
参考書
References
『世界美術大全集 西洋編』(全28巻)小学館、「西洋美術の歴史」(全8巻)中央公論新社、『西洋美術館』小学館、『オックスフォード西洋美術事典』講談社、『新潮世界美術辞典』、ホール『西洋美術解読事典』河出書房新社、高橋裕子『西洋美術のことば案内』小学館、『ドラクロワ』 (アサヒグラフ別冊)、セリュラス『ドラクロワ』美術出版社、など。

詳しくは、授業中に指示する。
受講生の自宅学習
Preparation and review
テキストを予習し、参考書を手掛かりに学んだことを深めること。

読書案内:『西洋絵画の歴史』(全3巻)小学館101ビジュアル新書、三浦篤『まなざしのレッスン① 西洋伝統絵画』『まなざしのレッスン② 西洋近現代絵画』東京大学出版会、高階秀爾『近代絵画史』中公新書、ルービン『ドラクロワ『ダンテの小舟』―理想主義と近代性』 (作品とコンテクストSeries)三元社、など。
成績評価の方法と基準
Evaluation
出席状況と課題への取り組みの水準を総合的に評価する。

Grading will be decided based on attendance and the quality of the students’
performance in the class.
連絡方法
Contact information
kurita.hidenori@c.mbox.nagoya-u.ac.jp

戻る PDF出力

ページトップへ