カリキュラム Curriculum 文学研究科DC ナンバリング Numbering 該当なし
専攻 Major 西洋史学 担当教員 Instructor 加納 修(KANO Osamu)
開講期 Semester 秋学期(Fall semester) 開講時間帯 Day & time 木(Thu):3限
コード番号 Code Number 938 教職 Teacher's License 教科   : 該当なし
入学年度 : 該当なし
科目名 Course title 西洋史学特別研究
<Advanced Special Studies of Western History>
講義題目 Title 西洋中世史演習(2)
転用科目
コード(学部のみ)
Substitue for 該当なし 単位 Credit 2
コースツリー/種別 Subject type 演習 受講年次 Grade
他学部   不可 履修取り下げ制度 Course withdrawal 利用しない

※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
学芸員資格 Curator's Qualification 該当なし
備考 Others 該当なし
  • カリキュラム
    Curriculum
    文学研究科DC
    ナンバリング
    Numbering
    該当なし
  • 専攻
    Major
    西洋史学
    担当教員
    Instructor
    加納 修(KANO Osamu)
  • 開講期
    Semester
    秋学期
    開講時間帯
    Day & time
    木(Thu):3限
  • コード番号
    Code Number
    938
    教職
    Teacher's License
    教科   : 該当なし
    入学年度 : 該当なし
  • 科目名
    Course title
    西洋史学特別研究
    <Advanced Special Studies of Western History>
    講義題目
    Title
    西洋中世史演習(2)
  • 転用科目コード(学部のみ)
    Substitue for
    該当なし
    単位
    Credit
    2
  • コースツリー/種別
    Subject type
    演習
    受講年次
    Grade
  • 他学部
     
    不可
    学芸員資格
    Curator's Qualification
    該当なし
    履修取り下げ制度
    Course withdrawal
    利用しない

    ※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
  • 備考
    Others
    該当なし
履修条件・注意事項
Requirements for registration
初級以上のラテン語能力を有すること。
授業の目的
Course purpose
中世にラテン語で書かれた書簡史料を読解する能力を身につける。

The aim of this course is to help students acquire the necessary skills and knowledge needed to use medieval latin epistolary texts.
授業の内容・方法
Content
メロヴィング期に作成されたアウストラシア書簡集を読む。
教科書・テキスト
Textbooks
Epistolae Austorasicae, in MGH Epistolae 3, Berlin, 1957, p. 110-153.
参考書
References
國原吉之助編著『新版 中世ラテン語入門』大学書林、2007年
ヨーロッパ中世史研究会編『西洋中世史料集』東京大学出版会、2000年
受講生の自宅学習
Preparation and review
予習・復習をしっかりと行なうとともに、各自が研究で用いるラテン語史料を精読すること。
成績評価の方法と基準
Evaluation
平常点に出席状況を加味して行う。
連絡方法
Contact information
メール

戻る PDF出力

ページトップへ