カリキュラム Curriculum 人文学研究科MC ナンバリング Numbering HUMLI6011J
専攻 Major 言語学 担当教員 Instructor 加藤 高志(KATO Takashi)
開講期 Semester 春学期(Spring semester) 開講時間帯 Day & time 月(Mon):5限
コード番号 Code Number 10119 教職 Teacher's License 教科   : 該当なし
入学年度 : 該当なし
科目名 Course title 言語学特殊研究Ⅴa
<Specialized Studies in Linguistics Va>
講義題目 Title
転用科目
コード(学部のみ)
Substitue for 該当なし 単位 Credit 2
コースツリー/種別 Subject type 講義 受講年次 Grade
他学部   不可 履修取り下げ制度 Course withdrawal 利用しない

※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
学芸員資格 Curator's Qualification 該当なし
備考 Others 該当なし
  • カリキュラム
    Curriculum
    人文学研究科MC
    ナンバリング
    Numbering
    HUMLI6011J
  • 専攻
    Major
    言語学
    担当教員
    Instructor
    加藤 高志(KATO Takashi)
  • 開講期
    Semester
    春学期
    開講時間帯
    Day & time
    月(Mon):5限
  • コード番号
    Code Number
    10119
    教職
    Teacher's License
    教科   : 該当なし
    入学年度 : 該当なし
  • 科目名
    Course title
    言語学特殊研究Ⅴa
    <Specialized Studies in Linguistics Va>
    講義題目
    Title
  • 転用科目コード(学部のみ)
    Substitue for
    該当なし
    単位
    Credit
    2
  • コースツリー/種別
    Subject type
    講義
    受講年次
    Grade
  • 他学部
     
    不可
    学芸員資格
    Curator's Qualification
    該当なし
    履修取り下げ制度
    Course withdrawal
    利用しない

    ※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
  • 備考
    Others
    該当なし
履修条件・注意事項
Requirements for registration
おもな対象者は、狭い意味での言語学的研究を行う人ですが、応用言語学や言語学の隣接分野の研究を行う者も受講できます。対象言語は問いません。
授業の目的
Course purpose
受講生の研究能力を高めることが目的です。
The purposes of this course is to improve abilities necessary to conduct research.
授業の内容・方法
Content
以下のことを行います。

(1)研究の方法、論文の書き方に関するアドバイス。
(2)受講生による研究発表。
(3)受講生による先行研究のまとめの発表。

研究の方法に関する説明は主に前期中に行い、論文の書き方に関する説明は主に後期中に行います。
教科書・テキスト
Textbooks
教科書は用いません。
参考書
References
授業中に説明します。
受講生の自宅学習
Preparation and review
予習として研究発表のレジュメを読むこと、先行研究を読むこと。
成績評価の方法と基準
Evaluation
平常点(30点)および発表(70点)で評価します。
3回以上欠席した場合、単位は得られません。
連絡方法
Contact information
メールで連絡するか、直接来てください。

戻る PDF出力

ページトップへ