カリキュラム Curriculum 人文学研究科DC ナンバリング Numbering HUMJL7002J
専攻 Major 日本語学 担当教員 Instructor 齋藤 文俊(SAITO Fumitoshi)・宮地 朝子(MIYACHI Asako)
開講期 Semester 秋学期(Fall semester) 開講時間帯 Day & time 水(Wed):5限
コード番号 Code Number 30202 教職 Teacher's License 教科   : 該当なし
入学年度 : 該当なし
科目名 Course title 博士論文研究Ⅰb
<PhD Thesis Seminar Ib>
講義題目 Title
転用科目
コード(学部のみ)
Substitue for 該当なし 単位 Credit 2
コースツリー/種別 Subject type 演習 受講年次 Grade
他学部   不可 履修取り下げ制度 Course withdrawal 利用しない

※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
学芸員資格 Curator's Qualification 該当なし
備考 Others 該当なし
  • カリキュラム
    Curriculum
    人文学研究科DC
    ナンバリング
    Numbering
    HUMJL7002J
  • 専攻
    Major
    日本語学
    担当教員
    Instructor
    齋藤 文俊(SAITO Fumitoshi)・宮地 朝子(MIYACHI Asako)
  • 開講期
    Semester
    秋学期
    開講時間帯
    Day & time
    水(Wed):5限
  • コード番号
    Code Number
    30202
    教職
    Teacher's License
    教科   : 該当なし
    入学年度 : 該当なし
  • 科目名
    Course title
    博士論文研究Ⅰb
    <PhD Thesis Seminar Ib>
    講義題目
    Title
  • 転用科目コード(学部のみ)
    Substitue for
    該当なし
    単位
    Credit
    2
  • コースツリー/種別
    Subject type
    演習
    受講年次
    Grade
  • 他学部
     
    不可
    学芸員資格
    Curator's Qualification
    該当なし
    履修取り下げ制度
    Course withdrawal
    利用しない

    ※「欠席」と「F(不合格)」については、担当教員が定めた基準によります。
  • 備考
    Others
    該当なし
履修条件・注意事項
Requirements for registration
日本語学分野・専門の学生に限定する
授業の目的
Course purpose
目的:学位論文の作成に向けての準備をおこなうとともに、国語科教員として専門分野の研究課題に通じ、必要に応じて最先端の知見を得るとともに評価検討する力を身につける。
目標:日本語学の各分野について具体的な問題設定から適切な研究方法の選択、さらに研究成果に基づいた発表の方法を学び、先行研究をふまえた説明力のある日本語学の研究方法を修得する。広く、各受講者の専門性の高い研究発表を相互に検討し議論することを通じて、自らの専門分野以外についても視野を広げ、示唆を得ると同時に、他者の研究について建設的な立論に貢献し、コメントする能力を高めることをめざす。

The Lecture will be opened for development of studying abilities of graduate students.
授業の内容・方法
Content
受講生自らが取り組む専門的な研究の成果に基づいて研究発表を行い、参加者全員で討議する。実践形式の発表と質疑応答により、問題設定や論旨の明確さ、論証の説明力、資料や先行論の扱いの正確性・妥当性、さらにはプレゼンテーションの適切性などにおいて相互に検討評価する。時間制限の中で「日本語学」を専門としながら研究領域・対象や、時代の異なる他の研究者(受講生)にも明解に、かつ説得力をもって論旨を伝える技能を身につける。参加者全員が日本語学研究の一般的な方法を修得する場として積極的に討議する。

第1回:ガイダンスおよび具体的な演習の進め方についての説明
第2回〜第15回:担当者による発表と、その内容についての討論
後期bでは、主に複文構造、文章・文体・表記、社会言語学的観点からみた諸相を含め、日本語の(史的)動態に関する諸問題を扱う。
(前期aでは、主に音声・形態・構文(述語構造)の諸問題を扱う。)
教科書・テキスト
Textbooks
特に指定しない。各回の発表資料を発表者が準備する。
参考書
References
発表者が提示する。
受講生の自宅学習
Preparation and review
各自、自分の発表に向けての準備を行うとともに、発表後には演習中の指摘をふまえて、追加の調査を行うこと。
成績評価の方法と基準
Evaluation
研究発表内容:40%、期末レポート:40%、討議における積極性:20%。
以上を総合して、60点以上を合格とし、授業目的の達成度を評価の基準とします。
連絡方法
Contact information
いつでも相談に来て下さい。

戻る PDF出力

ページトップへ