カリキュラム Curriculum 文学部(2016年度入学まで) ナンバリング Numbering 該当なし
専攻 Major 言語学 担当教員 Instructor 長崎 郁(NAGASAKI Iku)
開講期 Semester 春学期(Spring semester) 開講時間帯 Day & time 火(Tue):3限
コード番号 Code Number 0111115 教職 Teacher's License 教科   : 該当なし
入学年度 : 該当なし
科目名 Course title 言語学演習
<Seminar in Linguistics>
講義題目 Title 世界のことば:エスキモー語(A)
転用科目
コード(学部のみ)
Substitue for 該当なし 単位 Credit 2
コースツリー/種別 Subject type 演習 受講年次 Grade 文学部2年生以上
他学部   不可 履修取り下げ制度 Course withdrawal 利用する

※『履修取り下げ届』を提出した場合は原則「欠席」となりますが、
同届を提出しない場合は成績評価が行われ、合格基準に達しない場合は
「F(不合格)」となります。
学芸員資格 Curator's Qualification 該当なし
備考 Others 該当なし
  • カリキュラム
    Curriculum
    文学部(2016年度入学まで)
    ナンバリング
    Numbering
    該当なし
  • 専攻
    Major
    言語学
    担当教員
    Instructor
    長崎 郁(NAGASAKI Iku)
  • 開講期
    Semester
    春学期
    開講時間帯
    Day & time
    火(Tue):3限
  • コード番号
    Code Number
    0111115
    教職
    Teacher's License
    教科   : 該当なし
    入学年度 : 該当なし
  • 科目名
    Course title
    言語学演習
    <Seminar in Linguistics>
    講義題目
    Title
    世界のことば:エスキモー語(A)
  • 転用科目コード(学部のみ)
    Substitue for
    単位
    Credit
    2
  • コースツリー/種別
    Subject type
    演習
    受講年次
    Grade
    文学部2年生以上
  • 他学部
     
    不可
    学芸員資格
    Curator's Qualification
    該当なし
    履修取り下げ制度
    Course withdrawal
    利用する

    ※『履修取り下げ届』を提出した場合は原則「欠席」となりますが、
    同届を提出しない場合は成績評価が行われ、合格基準に達しない場合は
    「F(不合格)」となります。
  • 備考
    Others
    該当なし
履修条件・注意事項
Requirements for registration
この授業は秋学期火曜3限の言語学演習(世界のことば:エスキモー語(B))と内容が連続していますので、言語学演習(世界のことば:エスキモー語(B))と合わせて受講してください。
NUCT (https://ct.nagoya-u.ac.jp/) を利用して資料の一部を配布します。
授業の目的
Course purpose
さまざまなタイプの言語を知ることは、言語の仕組みを理解するための大きな助けになります。この授業の目的は、言語への深い関心を育むと共に、世界の多様な言語の一つとして、エスキモー諸語のひとつシベリア・ユピック語に親しみ、その構造上の特徴を理解することにあります。

This course will provide students with the outline of Siberian Yupik Eskimo grammar. The basic objective of the course is to get familiar with one of the Eskimo-Aleut languages and realize the variety of languages in the world.
授業の内容・方法
Content
最初にエスキモー諸語について概観します。その後、英語あるいは日本語で書かれた下記の教科書を共に読み、練習問題を解きながら、シベリア・ユピック語を学びます。
英語で書かれた教科書を読み進める際には、章ごとに担当者を決め、書かれている内容の概略を紹介してもらいます。
語学の授業ではありませんが、私たちにとってほとんど馴染みのない言語を一から学んでゆくのですから、事前にきちんと準備をして(受講生の自宅学習を参照)授業に出るようにしてください。
教科書・テキスト
Textbooks
Jacobson, Steven A. Practical Grammar of the St. Lawrence Island / Siberian Yupik Eskimo Language (Preliminary Edition), Alaska Native Language Center, College of Liberal Arts, University of Alaska Fairbanks.
永井佳代「シベリア・ユピック語」『文法を描く:フィールドワークに基づく諸言語の文法スケッチ2』東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所.

テキストはコピーを配布します。
参考書
References
Miyaoka, Osahito. A Grammar of Central Alaskan Yupik (CAY), Mouton de Gruyter.
永井佳代「エスキモー語」『ニューエクスプレス・スペシャル 日本語の隣人たち』白水社.


その他の参考書は授業時に適宜紹介します。
受講生の自宅学習
Preparation and review
予め教科書の該当範囲を読み、練習問題がある場合はそれに挑戦してから授業に出るようにしてください。
成績評価の方法と基準
Evaluation
授業への参加度によって判断します。
60点以上を合格とします。
連絡方法
Contact information
事前にメール (nagasaki.iku@j.mbox.nagoya-u.ac.jp) をもらえれば、随時対応します。

戻る PDF出力

ページトップへ